最新の企画書

企画書番号 015

2012年03月11日 解体出版社 電子書籍やろうぜ!

◇電子書籍は、古い出版産業の制作や流通の構造とは違うところで発展するだろう。もちろん、それは、古い出版産業が崩壊するということではない。それはそのまま残るだろう。電子書籍は、長く出版業界が蓄積したノウハウとは別のシーンで発展するということである。

◇僕は、既存の出版社や新聞社の動きから未来の電子書籍市場は登場しないと思っている。電子市場は、新大陸であり、新大陸へ移行するのは、旧大陸で不満のある人たちだろう。既存の世界で業界を成立させ、不安があるといえども現業のビジネスを成立させている限りは、移行する必要がない。既存の本を電子市場で販売するということはあっても、電子市場でオリジナルなコンテンツを立ち上げる理由はない。むしろそうした追求は、現在成立しているビジネス構造を危うくしてしまうことだから。今はまだ過度期なので、書籍と電子書籍を同時に発売して、そこそこ成功している例もあるが、どう考えても、両方購入する消費者が一般的な人たちだと思えない。電子書籍は、まだその登場の新規性が商品になっているのであって、中身(コンテンツ)そのものが商品になっているわけではない。機材の普及を含めて、まだ時間がかかる。

◇電子書籍の方法論は、まだ、登場していない。いろんなところで、いろんな人が模索を開始しているのだろう。僕もトライしてみる。僕の方法は、まず古い構造の分析と解体、そして再編成へとつなげていく。将来の電子書籍産業へのアプローチの一つのスタイルが見つけられればと思う。

◇電子コンテンツは、「つながりっぱなしの世界」の上で展開されるものだろう。ここでは、単独な才能をプロデュースするだけでは意味がない。そうした才能は、むしろ既存のコンテンツ業界で花開かせるべきだ。電子コンテンツは、「リンク」「シェア」「オープン」などといった、電子メディア固有の性質を理解した上で、小さなトライアルが伝播してムーブメントになっていくことだと思う。遊ぼうぜ。


●企画の背景

◇本の制作過程は、一般的には以下である。
1.企画調整(著者と出版社との本の完成イメージの調整)
2.著者執筆(取材、研究含む)
3.編集作業(内容点検、アドバイス、校正作業など)
4.著者原稿入稿
5.デザイン、装丁
6.印刷原稿入稿
7.取次搬入
8.書店店頭販売

◇電子書籍の場合は、こうなる。
1.企画調整(著者と出版社との本の完成イメージの調整)
2.著者執筆(取材、研究含む)
3.編集作業(内容点検、アドバイス、校正作業など)
4.著者原稿入稿
5.デザイン、装丁
6.テキスト、デザイン素材などの要素を準備してオーサリング作業
7.アプリケーション・ダウンロードサイトへの登録(App Store、Android Marketなど)
8.ネット上での販売開始

◇これまでの出版社の業務の役割は、以下である。
1.著者の発掘、アプローチ、企画調整
2.出版企画の作成。内容面はもちろん、販売予測、制作コスト、流通コストなどを検討して、収支予測の作成。これまでの出版は、印刷コストを出版社が投資するものなので、投資が回収出来ない企画については、発行出来ない。
3.発行に際してのプロモーション、書店などへの営業活動。
4.在庫管理、客注などへの対応。
5.売上管理、印税処理など経理業務。

◇電子書籍については、印刷費が不要ということが重要。出版に対しての資金管理会社的な機能が不要になるということ。そうなると、出版社の業務は、編集、デザインなどの制作についてのものと、プロモーションなどの業務となる。

◇編集、デザインについては、特に出版社という組織形態がなくても、個人レベルが集まれば出来る。(僕はこれを出版バンドと呼んだが、著者、編集、デザイン、画稿(写真、イラストなど)のスタッフが音楽のようにバンドを組めば、入稿原稿までは制作出来る)。ただし、ギャランティは、出来高に対しての配分となる。力のある人たちなら、このバンドに対して小さなファンドを組んで投資家を募ることも可能だろう。

◇特に既存の書籍編集では出来なかった、マルチメディア対応やインタラクティブ性を電子書籍に加えていく場合には、エンジニアのバンドへの参加が必須になる。また、音楽や映像についてのスキルも必要とされる局面もあるだろう。

◇プロモーションについては、これも印刷費用と同じように、出版社が先行負担する販売促進費である。電子書籍では、旧来の書店向けの販売プロモーションとは性格が変わると思うが、行う場合のコストは、著者なり出版バンドが負担することになる。

企画書番号 014

2011年09月13日 デメ研出版クラブ

◇企画趣旨
出版業界は、もともとフランクな人間交流と、好き勝手な議論と突拍子もないアイデアを出し合う場があって成立していたと思います。どうもその辺のアナログな雰囲気が薄らいでいるように見受けられます。まずは、そういう場を作ろうという提案です。こういう時代だからこそ、出版の可能性を追求していきたい。

今までの企画書

企画書番号 006

2011年05月08日 ピリオ 永遠メルマガ

毎日、1通ずつ僕のメールがあなたに届きます。
通常のメルマガは、同報通信で、同じ原稿が登録した人すべてに同時に届くというものです。ピリオは、登録した日より、データベースの原稿が最初から1通ずつ送られるという仕組みです。エターナル・メルマガ・ソリューション。

企画書番号 002

2011年02月04日 ニッポンの企画書

◎私たちは21世紀・日本のスタートラインにいます。20世紀方法論の残滓であるイデオロギー対立や、組織政党のパワーゲームにはもううんざりしています。

◎私たちは、自分たちの生活現場での問題をしっかりと凝視め、具体的な解決策を模索している人たちと連携し、国家行政に「陳情」ではなく「提案」していくことが重要だと考えました。政治家に予算の使い道をお任せするのではなく、さまざまな領域から提案作業を続けることが、21世紀を切り開いていく道だと思うのです。

◎私たちは、各地で活動を続けるNPO団体やソーシャルビジネスの企業などによる「政策投稿マガジン」を創刊します。

企画書番号 003

2011年01月01日 Wall

壁が窓になり、窓が新しい広場になる日。
「よはとつ図形」の具体化。

これは、インターネットが始まった頃、橘川に見えたビジョン。

企画書番号 004

2009年03月10日 ODECO

ODECOは、平成18年度、19年度、文部科学省の新教育システム開発プログラム採択事業として採択され実施しました。全国の公立小中学校に、オンデマンド型で教育メソッドを提供してこうとするものです。

企画書番号 005

2008年03月03日 故郷文庫

僕らの国とは、故郷のことだ。

それぞれが自分故郷への思いを語り、データベース化することによって、
全く新しい日本ガイドブックが出来ます。

インターネット時代の、新しい県人会をネットワークします。